カードローンで借りられる金額

カードローンを利用して借りられる金額には、金融機関ごとに上限が設定されています。資金力の少ない金融機関の場合は100万円程度までしか借りられないケースもありますが、平均するとだいたい500万円前後が一般的なようです。中には800万円や1000万円を限度額としている金融機関もありますが、借り過ぎは自分の首を絞める事にも繋がりますので、あまり限度額が高い金融機関は利用しない方が安全かもしれません。

しかしこれらの限度額は、決して個々の利用者が借りられる金額とイコールではありません。金融機関が設定している限度額は、利用条件の良い利用者に対して貸せる最大額であり、全ての利用者がこの金額までの融資を受けられるというわけではないのです。

カードローンを利用する際、まずは審査を受けるのが一般的です。この審査ではカードローン申込者の返済能力を審査するのですが、この時の結果によって個別の融資限度額が決められます。もちろん収入状況や勤続年数によっては返済能力が低いと判断されて限度額も小さくなる場合があるのです。

また、充分な収入と勤続年数を持つ方でも初めての利用の場合は融資枠が小さ目に設定される場合がほとんどです。返済生活を送るには通常の日常生活とは少々異なる為、返済経験を持たない利用者に対しては安全策を取って融資枠を小さくする傾向があるためです。しかしきちんと返済をして返済能力を証明できれば次第に融資枠は広がっていきますので、初めての借り入れの方はまずは堅実な返済を心掛けるようにしましょう。