債務整理について

返すことが出来なくなった借金の整理をする解決策の1つに債務整理があります。複数の借入から借金を抱え続けている多重債務者の方は、債務整理で借金を整理するか、おまとめローンの手続きをするかを迷われている方は多いかと思います。債務整理にもいくつかの方法があり、任意整理、個人民事再生、特定調停、自己破産の4種類の債務整理方法があります。個人によって借入をされている金額や会社が違いますので、一概にどの方法で借金の整理をすることが最適だとは言えません。

しかし、債務整理の方法を知っておくことで、自分に最適な借金の整理方法が分かるかも知れませんので、参考にして頂く為にご説明をします。任意整理は、法定金利で利息の計算をし直します。利息の計算をし直すことで、不当に支払っていた利息分を減らすことが出来るのです。任意整理は、弁護士に依頼をして行うので、貸金業者からの取立てはストップします。また、条件によっては返済金額が0になり完済をすることが出来る可能性もあるのです。しかし、債務整理は裁判所などの公的機関を通して行う処理ではありませんので、貸金業者が債務整理の交渉を断れば、和解が出来ない可能性もあります。

特定調停は、任意整理のように利息制限法に基づいて引直計算を行う債務整理の方法です。任意整理と違うところは、簡易裁判所を通して行うので、法的拘束力があります。個人民事再生は、裁判所を通して行う債務整理の方法です。残った借金の額を3年間で分割をして返済の計画が立てられます。ですので、自己破産のように自宅や車を手放さなければならなかったり、債務整理後のクレジットカード手続きなどの制限が設けられてしまうこともありません。しかし、個人民事再生は、3年間で返済をすることを約束しなければならないので、毎月の負担額が結構なものになります。また、個人民事再生をしてしまうと、6年間はクレジットカードを作ることが出来なかったり、ローンを組むことが出来ないなどのデメリットがあります。

自己破産は、多重債務者が行う借金の整理方法の最終手段と考えて頂かなければならない債務整理の方法です。裁判所によって、債務の支払い責任が免除されますので、借金地獄からは解放をされるのですが、自宅や車などの財産と思われるものはすべて差し押さえになります。